衣's work life balance
仕事、趣味など生き方を見直す人生の転機となる一つの出来事をきっかけに、新しいステージをめざす。
プロフール

キヌー

Author:キヌー
仕  事:会社を営む
趣  味:
スクーバダイビング。至福の無重
     力空間!趣味が高じてインストラ
     クターになる。
     カレー作り インド人もびっくり
     のカレー作りに意欲を燃やす。
好きな曲:TUNAMI

Home page:My weekend world



最近の記事



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログランキング

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

人気blogランキングへ

みんなのプロフィールSP

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ


banner2-1.gif



ダイビング情報

divenet_banner04.gif



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プチ本物志向の時代背景
ここ2~3日はお墓参りで両親の住む田舎に行ってきました。
乗換えをした京都駅のホームはとっても暑かった!
さて、海の記事で続きが送れていたプチ本物志向の背景です。
田舎の山や小川をぼ~と眺めながら考えてみました…笑い

①技術革新などによる急速な変化
②混在する価値観
という2つの視点で時代背景を考えてみます。
①の急速な変化、
例えば、12年前携帯電話はごく1部の人が持つ高価でめずらしいものであった。
それが今はひとり一台の時代になりまだまだ革新は続いている。
生活スタイルをも一変させ続けている。
②の混在する価値観
開発途上期、生活必需品を買い足していく価値観でめざす方向は多くが同じであった。
必需品が行きわたった今、生き甲斐を求めてめざす方向はばらばらである。
①×②=移り気、短サイクル
という方程式が成り立つ。(ちょっと強引..笑い)
ヒット商品のサイクルも昔は何年も同じものが売れたが今では1ヶ月後はもう売れないものもある。

長い年月をかけて極めたものがすでに時代価値を失っている場合もあるのです。
それでその予測がきく1~3年で完成させることが要求されます。

もちろん長い期間をかけて地道に研究開発が続いている部門もあります。
僕の友人もそういう研究開発をやっているのがいます。

時代はデフレという安いもの志向を経て価格以外の価値志向に大きく振れています。
こういう混沌としためまぐるしい時代背景で自分自身を満足させるため、
より本物に触れたいと多くの人が思い始めていると僕は感じています。
この現象を僕は進歩だと捕らえています。

また、作るという視点でも、もう少しじっくり取り組みたいという想いを
多くの人が持ち始めていると感じています。

そのスタートは手の届く実行可能な時代です。

海の記事と違って硬いものになってしまった^^ゞ・・カチッと
e_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ


プチ本物志向①
趣味はダイビング、仕事は会社経営 ある出来事をきっかけに
仕事、社員、自分、趣味、それぞれのバランスをとる生き方をめざして
このブログ日記をスタートしました。
主に趣味ダイビングを中心にこのブログを書いていますが、
タイトルがwork life balance なのでたまにはダイビング以外の記事を書きます。

「今はおもしろい時代」というタイトルで3つ記事を書いてきました。
今回からより核心に迫りたいと思います。(ホント?)
この記事は、あくまでも多様な現代社会で未熟な僕の感性で捉えた
ワンカテゴリーです。
迫れるかな…笑い

プチ本物志向
今の時代はプチ本物志向という視点で考えてみます。
本物の本物のではなくもう少し手の届く本物をプチ(ちっちゃな)と呼んでみます。

では本物って何か!
「本物とは極めたもの」と定義してみます。
ではどのくらい極めればいいのかということになります。
考えれば際限がないです。
一人前になるのに十年とか
もっと凄いのは、何世代もかけた人間国宝のようなのもあります。
極めることは大変なことです。

ではプチ本物とは
提供者も受けても手の届く、もう少し気軽なものとして考えてみます。
誰でも頑張ればやれる
例えば1年とか3年とか
5年もやればかなりベテランです。
でも全くの素人と比べれば今の時代3年5年は凄いことなのです。

今の時代はこのプチ本物志向で大半が成り立っています。
では、なぜプチが通じる世の中なのでしょうか。

そん背景を次記事で考えて見ます。核心に迫れるか^^ゞ・・・カチッと
e_01.gif

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


今はおもしろい時代③
ワールドカップ、日本は敗退で残念ですがゴールネット、六角形がきれいですねぇ..
これ、日本の小さな?メーカーが提供しているようですね。。
ボールはやはり日本のメーカーがハンドボール用に開発した五角形+六角形の限りなく円に近いボールが採用されて話題になってるし、ホイッスルも日本製と聞く。
ものづくり日本、まだまだ捨てたもんじゃないですね。^^

さて、本題  
正しく欲望の炎を燃やす
僕は座右の名..いっぱいあります・・笑い
そのひとつに「欲望には際限がない、工夫にも際限がない」があります。
人間は良いも悪いも次から次へと欲望が絶えることがないですね。
この欲望を正しく使わないと成功の実現は程遠いと確信しています。
自分がやりたいことの主張はよく聞きますが
その主張が世の中で受け入れられるか否かの部分が結構独りよがりになってます。
僕も含めてです...笑い
京セラの稲盛名誉会長は「私心なかりしか」という言葉で戒めています。
これはKDD(今はKDDI)を設立されたときの言葉です。
一人一人が社会の一端を担っているという考え方です。

ビジネスには必ずお客がいます。
山や海で自給自足的生活をするのであれば別ですが・・

僕は社員にいつも言います。
「世の中に価値を出し続けられる限り私たちは存在価値があり生きていける」
また「高い価値を提供できればそれに見合う報酬は受け取っていい」と
だから知恵を絞っていい商品を提供しよう。そして物心両面で豊かになろう。
そうするとまたいい仕事が出来る。
どれだけ実現しているかは別です・・笑い

抑えても抑えても、もっこり顔を出す欲望
これは抑えるんじゃなくて正しく生かすことが肝要と思っています。

正しく欲望の炎を燃やそう
そして世の中に提案できるものを見つけたら
それをどう実行し実らせるか!

今日も梅雨の晴れ間、ダイビング日和ですねぇ~
僕は仕事ですが...


今同時進行で新事業を準備中、ちゃんと軌道に乗せられるかな…笑い・・カチッとe_01.gif


今はおもしろい時代②
コーヒーが好きでカフェをやるという話ではないのです。
やるかもしれませんが・・笑い
今 カフェラテにはまってます。..笑い
品川のDEAN&DELUCAでカフェラテを飲みながら時代はプチ本物志向かな!と..
本物って何かいな!?・・これはまた別のときに..

6年前、既存店の売上げも思うように伸びず、
出した新店5店舗の運転資金をカバー出来ず営業損益が赤字になった。
創立時以来のことだった。そういう時に限って思考力が鈍くなる。
きっかけを求めていろんな講演会に顔を出した。
その頃、何人か会った経営者のひとりの言葉が印象的だった。
「ロレックスの中古専門店があってもいいですよね」
その社長は、デジタル時代に超アナログな古本を扱っている
ブックオフの社長です。(今は会長)
ここから得たヒントは2つです。
①この社長は一般的には効率が悪いと切り捨てているものを取り上げて事業にしている。
②カテゴリーを絞り込んで特徴を出し事業にしている。
この2つをキーワードに「考え方の再構築」に入ったのでした。

小が大に勝つには、いや共存していくにはどんな価値を出していくか
次記事で書きます。

ダイビング情報:伊豆の水温も20℃前後に上がってきて、
いよいよアオリイカの産卵が始まったようです。


これはあくまで僕の方法論で普遍性はない!当たり前か・・^^ゞ・・カチッとe_01.gif

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ


今はおもしろい時代①
ちょっと仕事がらみの記事を・・
限られた資金と数人のスタッフで今という時代の中、どう起業するか!

今から11年前1995年、大手電気会社の開発担当の友人と飲んでいる時
僕は「時代はデフレだね」「そんな分けない、これ以上コストダウン出来ないからデフレになりようがない」と彼。
その後、雪崩を打ってデフレ時代に入っていくことになる。
彼は頭脳明晰で多くの情報を持っていた。
僕は新聞を斜め読みしかしない。(記者の作文だと思っているから:事実だけ書いてもらいたいもんだ)
スーパーの衣料品売り場で原価を割った在庫処分を見てデフレになると僕は直感したのであった。
今でもマスコミからの判断ではなく身の回りの現象や自社の業績から時代価値を読む。

数年前からカフェが気になる。
ちょい昔はショッピングモールに行ってもコーヒーを飲めるところは1ヶ所あるかないか。
ファーストフードコートは別にして..
この間、渋谷駅に繋がるファッションビルを歩いてカフェの数を数えたら
100mほどの間にいろんなカフェが5店あった。
値段は200円~400円決して高くはないが120円のコーヒーとは一線を画している。
それなりに繁盛している。
こんな現象があちこちで生まれている。

今はチャンス!

といっても客観的に見るといつの時代でも新しい会社が成長しているから
いつの時代にもチャンスはある。チャンスと感じるか感じないかの問題だな これは..

次記事につづく..

息切れせずに最後まで書き入れるかな^^ゞ・・カチッとe_01.gif

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。