衣's work life balance
仕事、趣味など生き方を見直す人生の転機となる一つの出来事をきっかけに、新しいステージをめざす。
プロフール

キヌー

Author:キヌー
仕  事:会社を営む
趣  味:
スクーバダイビング。至福の無重
     力空間!趣味が高じてインストラ
     クターになる。
     カレー作り インド人もびっくり
     のカレー作りに意欲を燃やす。
好きな曲:TUNAMI

Home page:My weekend world



最近の記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2ブログランキング

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

人気blogランキングへ

みんなのプロフィールSP

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ


banner2-1.gif



ダイビング情報

divenet_banner04.gif



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プチ本物志向の時代背景
ここ2~3日はお墓参りで両親の住む田舎に行ってきました。
乗換えをした京都駅のホームはとっても暑かった!
さて、海の記事で続きが送れていたプチ本物志向の背景です。
田舎の山や小川をぼ~と眺めながら考えてみました…笑い

①技術革新などによる急速な変化
②混在する価値観
という2つの視点で時代背景を考えてみます。
①の急速な変化、
例えば、12年前携帯電話はごく1部の人が持つ高価でめずらしいものであった。
それが今はひとり一台の時代になりまだまだ革新は続いている。
生活スタイルをも一変させ続けている。
②の混在する価値観
開発途上期、生活必需品を買い足していく価値観でめざす方向は多くが同じであった。
必需品が行きわたった今、生き甲斐を求めてめざす方向はばらばらである。
①×②=移り気、短サイクル
という方程式が成り立つ。(ちょっと強引..笑い)
ヒット商品のサイクルも昔は何年も同じものが売れたが今では1ヶ月後はもう売れないものもある。

長い年月をかけて極めたものがすでに時代価値を失っている場合もあるのです。
それでその予測がきく1~3年で完成させることが要求されます。

もちろん長い期間をかけて地道に研究開発が続いている部門もあります。
僕の友人もそういう研究開発をやっているのがいます。

時代はデフレという安いもの志向を経て価格以外の価値志向に大きく振れています。
こういう混沌としためまぐるしい時代背景で自分自身を満足させるため、
より本物に触れたいと多くの人が思い始めていると僕は感じています。
この現象を僕は進歩だと捕らえています。

また、作るという視点でも、もう少しじっくり取り組みたいという想いを
多くの人が持ち始めていると感じています。

そのスタートは手の届く実行可能な時代です。

海の記事と違って硬いものになってしまった^^ゞ・・カチッと
e_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント
やっぱり難しい・・・・ヒィ~~~
だったら、コメントしなければいいのにと娘にいわれました  (笑)

いやだ!!キヌーさん好きだから・・コメントする。そうだ!!!人より先にしようなんでも書けるから・・・・あはは・・・・

今新しいものは、3週間くらいで古くなっていきます。消費者はついていっているのかなあ・・・?
少なくとも私は、まごまごしています。

私の疑問は、商品開発が進む事はより便利になってうれしいけれど、使いこなせなければ
なんにもなっていないのではないかと思われます。作っている方の自己満足に過ぎないのでは
ないでしょうか・・・・???

これって、使いこなせない人間の負け惜しみかも・・・あはは~~
もっと、かしこくありたーい!!

ずれた?笑って許してくださいな・・・カチッ
【2006/08/16 10:22】 URL | そら #0zwy.6sw [ 編集]

こんばんは~
難しかったですかぁ~
書く視点が片寄っているからイメージ出来なかったかもしれませんね。

いま キャリアスクールというのを準備中なんです。
社会人になってから手に職を付ける~生涯のライフワークになるような技術を身につけるための教室なんです。
想いはマイスターを育てたい..笑い
なんです。

>作っている方の自己満足
そうですよね 僕もアナログ世代ですから最近のデジタル商品には手を焼いています。
そんなのは無視しましょう!..笑い
そうすると作っている方がおかしいな何で売れないんだろうと思って
歩み寄ってきますから..笑い
【2006/08/16 22:37】 URL | キヌー #- [ 編集]

少々寝不足で、頭動いていません(前もって言訳です、爆)
数多くの、「物」に触れる事が可能な現在。
消費者は、何を基準に使うのか?
物作りをする人の、「感じて欲しい所」をどれだけ理解してるのか?
これは甚だ疑問です。
勿論私でも、作る側の「意図」するレベルで、物を使いこなしてる自信など有りません。
それでも、キヌーさんの今日の記事に書いて有るように、私の前を、「物」は
流れて行きます。
こんな時代背景では、「物を作る側」の「楽しみ」と言うものは、
一体何なんだろう?そう良く思います。
伝統も、技術も、TPOも、関係ない「流通」の現状に対して、
一体何が、作る側の基準なんでしょうかね?
単に「売れる事?」でしょうか?
もしそうなら、物を作る人の未来は無いでしょうね~~
現代社会から、便利な物は無数に生まれても、
伝統文化は生まれるんでしょうか?
100年後に何か語れるものは有るのでしょうか?
私も、製造に限らず、これからの生きる指針としての、
「伝統」と言うものはもの凄く大切なような気がしますね。
二昔前に「ユトリストの時代」と言う言葉がありましたが、
「趣味を突き詰めてみる」と言う意味だと理解してます。
「玄人はだし」的な発想でしょうかね?
今は一体「何の時代?」なのでしょうかね~~
その辺の、ヒントが、今日の記事には有るような気がしました。
漠然とですが、私も、今時代の「担い手」として、
何か「形を残す」「義務」が有る物だと思っていますが・・(自意識過剰かも知れませんが・・)
まだまだ、、、探しきれてませんね~~見つかるのでしょうかね??
「温故知新」的なものの中にヒントは有るのでしょうか?
それとも、先見の明の中に有るのでしょうか?
現在は、目一杯先端まで来てるのでしょうか?
それとも、まだまだ予測不可能な未来が有るのでしょうか?
これ以上の、予測不能な科学の発展は何でしょうか?
疑問だらけですね~~
「これ以上は無いだろう、、これから先は衰退していくだけだろう・・・」
と思ったり言ったりする人は、世間知らずなんでしょうかね~~~??
最近、江戸時代の人の色々な本(自伝)読んでも、
「未来が予測できてない事が、おかしいと感じないようになりました。」
なんとなく意味不明になりましたね~~爆
書いてる本人が分かりません!!!あはは~~
とにかく、私はまだまだ、「挑戦中です!!」多分生涯そうでしょうね~~自爆
【2006/08/17 04:31】 URL | 緑の大地 #z8Ev11P6 [ 編集]

緑の大地さん おはようございます♪
コメントありがとうございます。
今から出かけますので改めて書きます。
時間をとってきちっと書きたいので・・
【2006/08/17 07:34】 URL | キヌー #- [ 編集]

今一休み!
今日の早朝のコメント、以外の私の感じたこと書かせて下さい!!爆

何のために物を作るのか?と言うのも、重要な
「ファクター」になってると思います。
極論を書くと、
産業後進国、現在の代表国は、中国、インド辺りでしょうか?
等の国々は、今は単に「生活水準」を上げるのに躍起になって、
産業化を進めています、それに便乗して、
産業先進国は、「食い繋いでるだけ・・」その様な感じがします。
本当はもう既に、自国では行き詰っている事に気がついておきながら、、、
ある意味、欧米的産業思考の限界が近づいてるのかも知れませんね?
やはり、その辺は、「イギリス」的思考が、良いのでしょうか?
イギリスはとかく、保守的と思われがちですが、
私はそうは思いませんが、、、
アメリカ・日本が今後どのような方向に動いてくのでしょうね?
今後の記事楽しみです!!
【2006/08/17 17:17】 URL | 緑の大地 #z8Ev11P6 [ 編集]

緑の大地 さん おはようございます♪
考える材料を与えていただいてありがとうございます。
消したり加えたりしながらのコメントです..笑い

作るということを2つに分けて考えてみます。
1つは、売上利益を出すために仮説、検証を繰り返してもの作りをする。
これは作る楽しみではなく売れる楽しみということになると思います。
これは子供に対する教育性や地球環境などの次元の価値観は後回しになっています。
もう一つは、生きる環境とか後世のことを考え、そのヒントを温故知新に求めたり、
ヨーロッパの伝統文化に求めたりしてもの作りをする。
これはもの作り自体に楽しさがあるのだと思います。

現象面で考えると
技術革新はエネルギー問題などの解決を生む反面ストレス社会という
副産物をも発生させています。
そこにデジタル化にバランスをとるために癒しとかスロー・・・とかの
アナログ面がクローズアップされます。
もの作りの楽しさ、価値もこんなところに生まれてきているとも思えます。

未来予測に関して思うことですが
これも2つのことを考えます。<<大別して考えることが好きなもんで・・^^ゞ
1つは人間の欲望のままに惰性的に進んでいく未来社会。
今の競争社会は欲望追いかけ社会でもありますね。
僕はダイビングで壊れ行く自然を目の当たりすることがあり
そのうち水も空気もなくなるぞ!
と思うことがあります。
もう一つは、意思を持って作る未来社会
人間を含めた自然を前提に(これは僕の思い込みかもしれません)
こうあるべきというプランを持って作っていく社会
予測というよりは石にかじりついても作っていく社会…笑い

1より2のほうのバランスを上げた未来社会の実現が望ましいと思います。

ここ数年の日本はアメリカよりはヨーロッパを志向し始めてしているように思います。
確かに英国にしてもドイツにしてもイタリアにしても
すばらしい伝統文化があると思います。
そういう意味では、日本もすばらしい伝統文化を持っていますよね。^^

本物志向、プチ本物志向もこんな視点で考えています。
あれ!!次の記事の内容まで書いてしまった..笑い
【2006/08/18 09:03】 URL | キヌー #- [ 編集]

記事もコメントも食い入るように読ませていただきました。

モノ造りをプロデュースする立場にある人間として、
大変興味深くまた、新鮮に感じるところがありました。

全ての企画・計画が理想郷のごとく進行できるわけではありませんが、
皆さんのご意見を少しづつでも取り入れながら、
本当に必要とされるような製品作りが出来るように取り組んで行きたいと思います。

ありがとうございました。
【2006/08/20 10:57】 URL | おぢ3 #q5SmfmDc [ 編集]

おぢ3 こんにちは♪
コメントありがとうございます。
oji3もモノ作りの仕事ですか。
朝の竹村健一の番組で「地球温暖化問題」を取り上げていましたが
こういう問題もモノ作りに反映してきますよね
これからは・
時代背景を見据えてモノ作りをプロデュースできればと思いますね。

リンク貼らせてもらいました。
【2006/08/20 16:55】 URL | キヌー #- [ 編集]

リンクありがとうございました。


モノ作りといっても当社の場合はソフトウェアが主ですが…

使う人・使われる環境を含めて製品化したり、
単なるシステム化でなく、実際の運用まで考えたサービスを商品としてプロディユースして行きたいです…

そしてそれが、客様にとって環境ビジネスであったりしたら最高ですね♪
【2006/08/20 17:51】 URL | おぢ3 #q5SmfmDc [ 編集]

おぢ3へ
ソフトウエアですか
このコメントの一番目にそらさんが使いこさせない!
って言ってらっしゃいますが
これだけ技術革新が速いと使い方も大きな問題ですよね。
また アフターダイブ時にでもいろいろと聞かせてください。
【2006/08/20 18:01】 URL | キヌー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://revive2006.blog47.fc2.com/tb.php/74-61762e5d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。